そのプヨプヨの原因、脂肪じゃなくてセルライトかも?

a0001_008109ダイエットをして体重が落ちたにもかかわらず腕やお尻、太ももなどのお肉がプヨプヨのまま痩せていないということがあります。

 

体の見た目が変化しなかった理由として考えられることは、体重を落とすことばかりに気をとられて筋肉を鍛えなかった、急激に痩せたために肌がたるんだといったことですが、じつは体内にある脂肪の一部がセルライトに変わってしまったために痩せなかったのです。

 

セルライトは体内の脂と老廃物が結合してできるもので、一度できてしまうとなくすのは難しいと言われています。

 

しかも、つぎつぎに老廃物を取り込み増殖していくので、普段から老廃物を溜めないようにすることが大事です。セルライトができたかどうかは、腕や太ももなどのお肉をつまんでみることでわかります。つまんだお肉がボコボコとしていたら、それは老廃物の塊である可能性が高いです。これを解消するには老廃物が体外へ排出されるようマッサージをするなど、血液や水分の循環を良くすること。

 

運動で体内の余分な脂の燃焼させることが大切です。これは普段の生活だけでなく、食事制限で代謝が落ちるダイエット中にも言えることです。体重だけでなく、見た目でも痩せたいのであれば老廃物を溜めないようにしながら運動で筋肉をつけ、脂を燃やすようにしましょう。

コメントは受け付けていません。